ボディタイプの分類

車のボディタイプ一覧!

車のボディタイプ一覧!

車には様々なタイプが存在し、各タイプごとにたくさんの車種があります。

 

ここでは各ボディタイプについて解説します。

 

 

 

セダン

 

車の中でも最もポピュラーな形がセダンです。一般的に車といえばセダンタイプを思い浮かべる方も多いでしょう。

 

セダンは、エンジンルーム、乗車空間、トランク3つのスペースに分かれており、4人乗り、4ドアが一般的です。

 

セダンは、乗車空間とドランクが完全に分かれており、後部座席からトランクの荷物が取り出せないなどの欠点があります。

 

そしてセダンは高級車が多く、価格帯も高めのものが多いので、全体に占める販売台数の割合は決して多くはありません。

 

ただ、安定した走りや上質な乗り心地などを求める方も多く、比較的お金持ち層を中心に多くの支持を集めています。

 

また、セダンの中でも乗車空間とトランクが分かれていないタイプをハッチバックと呼びます。

 

セダンの代表的な車

 

クラウン、カローラ、アコード

 

 

 

ミニバン

 

ミニバンも近年非常に人気があるタイプです。元々欧米で「バン」の小さいタイプを「ミニバン」と呼んでいたが、日本ではミニバンという名前の方が定着しています。

 

3列シートで7〜8人乗りのワンボックスタイプの車のことをミニバンと呼んでいます。

 

室内の天井が高く、荷物もたくさん積めるため、実用性が高くファミリー層を中心に人気があります。

 

ただ燃費が悪め、車が大きいため慣れていないと運転がしにくい、立体駐車場が使いにくいなどの欠点もあります。

 

ミニバンの代表的な車

 

セレナ、ステップワゴン、アルファード

 

 

 

コンパクトカー

 

コンパクトカーは、車体のサイズや排気量が比較的小さい小型の車を指します。

 

前に2人、後ろに3人と5人乗りのものが多く、車体が軽いため燃費が良い車が多いです。

 

また小回りが効くことや、車庫入れが簡単なことから、初心者にも運転しやすい車となっています。

 

一方、乗り心地があまりよくなかったり、室内空間が狭めなこと、荷物があまり積めないことから、ファミリー向けというよりは一人で車に乗ることが多い方に適した車です。

 

コンパクトカーの代表的な車

 

ヴィッツ、フィット、マーチ

 

 

 

SUV

 

SUVは「Sport Utility Vehicle」の略で日本語ではスポーツ多目的車です。

 

よく映画などで舗装されていない山道を勢いよく走っている姿を目にしますが、日本で売られているSUVはちゃんと舗装した道を走ることを想定して作られていますが、4WD仕様ならば雪道でもラクラクに走ることができます。

 

タイヤが大きく車高が高いのが特徴で、やはり見た目のかっこよさが人気の理由です。

 

排気量や重量が大きいため燃費が悪いものが多いですが、車好きの若者の間では人気の高いタイプです。

 

SUVの代表的な車

 

ランドクルーザー、エクストレイル、ジューク

 

 

 

ステーションワゴン

 

もともとセダンから派生したタイプで、セダンは乗車空間とトランクが完全に分かれていますが、ステーションワゴンは乗車空間とトランクが一つにつながっているタイプです。

 

セダンの走りを維持しながらトランクの空間、燃費などを改善したバランスの良いタイプです。

 

ただ、悪い言い方をすればすべてが中途半端で特徴が薄いというのが欠点です。

 

ステーションワゴンの代表的な車

 

カローラフィルダー、インプレッサ、レガシー

 

 

 

クーペ(スポーツ)

 

一般的にスポーツカーと呼ばれているものがクーペです。

 

見た目にとことんこだわった車が多く、2ドア、2人乗りが多いが、4人乗りのものもあります。

 

屋根のついていないオープンカータイプのものもあり、荷物を載せる場所もほとんどないため、実用性というよりも趣味で走るための車です。

 

加速性能などを極端に高めた走り重視の仕様になっており、燃費はかなり悪いです。

 

また、価格もかなり高いものが多いです。

 

ただみんなが一度は乗ってみたいという憧れを抱いている車でもあります。

 

クーペ(スポーツ)の代表的な車

 

GT-R、BRZ、ロードスター

 

 

 

ハイブリットカー

 

ハイブリットカーはエンジン以外にモーターの力を使うことで効率よく駆動させている車です。

 

セダンのなかにもハイブリットカーがありますし、コンパクトカーの中にもハイブリットカーがあります。

 

ハイブリットカーの最大の特徴は燃費が非常に良いことです。

 

走行中にエンジンを止め、モーターだけで駆動することにより、ガソリン1?あたり20から40km(カタログ)といった高燃費を実現しています。

 

ただ、最近はディーゼルエンジンや燃料電池車が登場し、今後このハイブリットカーの位置づけがどうなるのか注目されています。

 

ハイブリットカーの代表的な車

 

プリウス、アクア、フィット(HV)

 

 

 

軽自動車

 

軽自動車は排気量が660cc以下、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、定員が4名以下の全ての条件を満たした車のことです。

 

税金面などでの優遇処置が大きく、価格と維持費が安いのが特徴です。

 

最近の軽自動車は、室内空間、走行性能などもかなり向上してきており、下手なコンパクトカーよりも走り心地が良い場合もあります。

 

これらのメリットの多さから、人気がとても高く、日本の自動車市場を圧巻しつつある状態です。

 

ただ作りが簡素なので、仮に大きな事故などを起こしてしまった時、安全面では普通車には劣ります。

 

2015年4月、軽自動車の自動車税が1.5倍の年10800円に引き上げられました。

 

軽自動車の代表的な車

 

ワゴンR、Nボックス、ムーヴ

 

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!