自動車ローンの仕組み!

自動車ローン(マイカーローン)について!

自動車ローンの種類

新車を購入する時、自動車ローン(通称 : マイカーローン)を利用する方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん現金一括で買えるのならばそのほうが良いですが、200万円以上する車を一括で買える方は少ないのではないでしょうか。

 

自動車ローンは住宅ローンと同様、銀行や信用金庫などから借りることができますが、審査が厳しかったり、審査までに時間がかかったりする場合があります。

 

一方、自動車ローンはディーラーから借りることができるディーラーローンというものがあり、こちらは比較的審査が通りやすくなっていますが、銀行などのローンよりも金利が少し高い傾向にあります。

 

今の自分の状況に合わせてどちらからローンを組むのかを判断しましょう。

 

 

 

銀行系の自動車ローンの特徴

 

銀行、信用金庫、JAバンクなどが自動車ローン(マイカーローン)を取り扱っています。

 

以下はJAバンクのマイカーローンの融資条件です。

 

用途 自動車、バイクの購入費用およびその付帯費用、修理、車検、カー用品費用、運転免許取得費用、車庫建設費用(100万円以内)
利用できる方

借入時年齢 18歳以上
最終償還時年齢 71歳未満
前年度年収 200万円以上
勤続年数 1年以上

融資金額 500万円以内
融資期間 6ヶ月以上7年以内
返済方法 元利均等返済(ボーナス併用返済可)
担保 不要
保証 各JA所定の保証機関の保証を受けていただきます。
金利 各地のJAによって異なる。固定金利型と変動金利型の選択可

 

 

 

銀行系の自動車ローンは、比較的審査が厳しく、年収、勤続年数、借金の有無などもチェックされます。例えばJAバンクの場合、前年度の年収が200万円以上、勤続年数1年以上が条件です。

 

公務員や一部上場企業の正社員など、会社が安定している方が審査は有利になりますが、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトだから審査に通らないというわけではありません。

 

また、自己破産や債務整理の過去があると、審査の時に不利に働きやすいです。

 

また審査に時間がかかることもあり、銀行の自動車ローンを考えているならば早めの対応が必要となります。

 

金利は2〜7%程度。条件によっては1%代後半で取り扱っている所もあります。

 

 

 

ディーラーローンの特徴

 

ディーラーローンというとディーラーがお金を貸してくれると思いがちですが、実際はディーラーと提携をしている信販会社やクレジット会社がお金を貸してくれます。そして、仲介したディーラーが信販会社やクレジット会社からいくらかのお金(バックマージン)を受け取るという仕組みです。

 

ディーラーローンにも審査はありますが、銀行のローンと比べて審査は通りやすくなっています。

 

年収は200万円以上は欲しいですが、パートやアルバイトでも審査には問題なく通ります。そして、仮に属性が厳しい方でも、ディーラーの営業マンが間に入って交渉をしてくれる場合もあります。

 

ただし審査が通りやすい反面、金利は銀行系のローンよりも高い傾向があります。

 

金利は3〜10%程度です。

 

間にディーラーが入っている分どうしても金利が高くなってしまうのです。ただ、ディーラーとの交渉によって金利が下がる可能性もあります。

 

また、ディーラーローンのいい所としては、土日の対応も可能なところ、ディーラーが手続きをすべてやってくれるので、利用者の負担が少ないとういうことがあります。

 

 

 

自動車ローンを組む場合、ライフプランをしっかり立てましょう

 

自動車ローンはあくまで借金です。

 

審査に通るからといっていくらでも借りて良いのかというとそうではありません。借りたお金は返さなければいけないのです。

 

自分の生活水準にあわないような高級車を買ったり、短い年数で車を買い換えて何度もローンを組んだりということをすると、後々の返済で行き詰まる可能性もあります。

 

自動車ローンを組むときは、数年先のライフプランまでをしっかり見据え、問題なく返済できるということを確認の上契約をしましょう。

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!