アウディ A3の購入体験談

アウディ A3スポーツバックの新車を何度もディーラーに通って大幅値引きしてもらい購入しました

【新車購入体験談】アウディ A3スポーツバックの新車を何度もディーラーに通って大幅値引きしてもらい購入しました

 投稿者紹介

年齢 55歳
性別 男性
住まい 福岡県
購入車種 アウディ A3スポーツバック
総支払額 400万円
下取り車種 アウディ A1スポーツバック
下取り価格 180万円

 

 

 

夫婦揃ってアウディの魅力にとりつかれる

 

 

50歳になってからというもの、アウディの魅力にとりつかれて、何度もアウディディーラーへ足を運ぶような大ファンになってしまいました。

 

 

数年前に初めて購入したのが現在の愛車であるアウディ A1スポーツバックで、新車で購入してからというもの、毎日のように愛用するだけでなく、週末は夫婦でいろいろなところへドライブに出かけました。

 

 

最初はアウディどころか自動車自体に興味を持っていなかった妻ですが、徐々にアウディ A1スポーツバックの魅力だけでなく、アウディ事態の魅力を分かってくれて、今回の買い替えにおいては妻のほうから、「少し上のグレードのアウディがいいね。」というようなコメントが飛び出し、夫婦揃ってアウディの新車ディーラーへ足を運びました。

 

 

アウディ A1スポーツバックの少し上ということで、今回のターゲットはアウディ A3スポーツバックとなりました。

 

 

偶然にもその新車ディーラーには展示車と試乗車にアウディ A3スポーツバックが備わっており、見積もりと下取りの検討をお願いしている間に夫婦で早速試乗に出かけました。

 

 

A1とは違ってパワフルなエンジンと、室内空間もだいぶ広くなっていることから、妻は一気にアウディ A3スポーツバックに惚れ込んでしまいました。

 

 

想像よりも厳しい価格交渉

 

 

新車の見積もりを見ると、思った以上に値引きは渋く、下取りのほうも値引き以上に条件が良くありませんでした。

 

 

まだA1を購入して数年というところなのに、次の新車を購入しようとする大切なお客には感じないのだろうかと疑問でしたが、新車の見積もりと下取りの見積もりを何度か値引きの上乗せ交渉をしながら相談しました。

 

 

結局は下取り価格が目標の200万円には届かないものの180万円まで引き上げてくれたことと、下取り以上に苦戦した値引きのほうでも当初の倍くらいにまで引き上げてくれて、下取りに不利な点をカバーしてくれたことから、総支払額400万円で夫婦念願のA3スポーツバックを購入しました。

 

 

アウディはディーラーの店舗数が少ないので、競合できるような近いお店がなかなかありません。

 

 

よって、一度ここのお店と決めたら、そのお店との末永い信頼関係をしっかりと築いていくことが大切だと思います。

 

 

ここ数年でアウディは大人気になったので、インターネットでも新車の見積もりや値引きに関する情報、下取りに関する見積もりの情報が複数掲載されていますが、新車の見積もりにおいては店舗によっても、営業マンによっても、大きく差がついているのが実態だと思いました。

 

 

もともと高級ブランドですから値引きだ、値引きだというような顧客はあまり好まないようですが、新車購入検討にあたって、下取りの交渉を含めて何度も見積もりをお願いしましたが、私の通っているアウディのディーラーでは嫌な顔ひとつせずに、真摯に値引き交渉に付き合ってくれました。

 

 

新車の購入条件というよりは、アウディ A1スポーツバックの下取りに関する交渉がメインになってしまったように感じます。

 

 

アウディ A3スポーツバックとは価格帯に大きな差がありますが、まだ購入から数年ということと、走行距離が浅いことから、非常に良い下取り条件を出してくれました。

 

 

新車の購入においては、下取りが大きく総支払額を左右しますので、愛した相棒のアウディ A1スポーツバックが新車の大きな戦力になってくれてホッとしました。

 

さらにグレードの高い車に挑戦していきたいです

 

 

アウディ A3スポーツバックのなかでも大満足なのはエクステリアのスタイリングです。

 

 

アウディ A1スポーツバックはどちらかというとシャープなイメージというよりは丸みのあるかわいいイメージでしたが、アウディ A3スポーツバックは現行モデルの新型からフロントもリヤも非常に直線基調のかっこいいデザインになっており、展示車のボディーカラーが赤だったのですが、その色にも一目惚れしたこともあって、外観のエクステリアには夫婦揃って大満足です。

 

 

次にエンジンですが、今回のA3では、少しグレードの高い1.8FSIを選びました。

 

 

これまでとは比べ物にならないくらいのエンジンパワーを感じることができて、発信加速などは猛烈に速いと感じました。

 

 

また、燃費性能のほうも想像以上に優秀で、コンパクトカーであるにもかかわらず、軽快でスポーティーな走りと、経済的な良燃費を両立してくれているところは、大きな満足感になっています。

 

 

最後に、やはりアウディというブランドのステータスもオーナーの大きな満足感につながっています。

 

 

フォーリングスのシルバーのエンブレムは、アウディーオーナーのお気に入りの一点だと思います。

 

 

この先もA4やA5など、魅力的なアウディのラインナップに順番に挑戦していきたいと感じさせてくれまし、いつかはA6やA7などの高級カテゴリにも足を踏み入れたいです。

 

 

さすがにA8は行き過ぎかもしれませんが、新車は無理でも中古でなら可能かもしれません。

 

 

そんな将来の夢も楽しみつつ、今後もアウディと仲良く付き合っていきたいです。

 

 

管理人からの一言

 

 

今回はアウディA1からアウディA3へグレードアップ乗り換えということで、羨ましい限りです。

 

 

高級外車ディーラーは、もともとブランド力、高付加価値を売りにしているため、値引き額は決して大きくはありませんが、3月の決算期を狙うなどといった方法で値引き額を拡大させることは十分に可能です。

 

 

下取りもそこそこの額にまで交渉できており、とても良い買い物だったと思いまが、余裕があればいくつかの買取専門店で査定を受けておくと、下取り交渉を有利に進めることができたかもしれません。

 

 

体験談でも述べていますが、アウディのディーラーなどは数が多いわけではないので、店との信頼関係、営業マンとの人間関係を大切に構築していくことは大切です。

 

 

特に今後もアウディの乗り換えを検討しているとのことなので、営業マンとは濃い付き合いをしておくと、いざという時に役立つことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!