トヨタ シエンタ購入体験談

トヨタ シエンタの新車をディーラーの営業マンに安くしてもらいました

【新車購入体験談】トヨタ シエンタの新車をディーラーの営業マンに安くしてもらいました

 投稿者紹介

年齢 35歳
性別 女性
住まい 長野県
購入車種 トヨタ シエンタ

 

 

ミニバンの中でも小振りなシエンタを選択する

 

 

独身時代から日産 マーチに乗っていましたが、二人目の生まれたのをきっかけに車を買い替えたいと思い、トヨタ シエンタの新車を購入しました。

 

 

いままでは主に私一人が乗るだけの通勤用でしたが、結婚し、子供が生まれてからスライドドアでないということはなんて不便なんだろう、と実感しました。

 

 

買い物に行った先の駐車場で、荷物を載せたりするのはもちろん、チャイルドシートをカチンとしめるまで、ドアは開けっぱなしだし、隣の車にドアをぶつけやしないかとひやひやしながら子供を乗せたりおろしたりするストレスから解放されたい!という思いでいっぱいでした。

 

 

特に二人目が生まれてからは、一人は暴れ、一人は泣きだし・・・ということが数回あり、と主人に買い替えの相談をし始めました。

 

 

買い替えるに当たり軽ワゴンについても検討しましたが、私の実家が県外で高速道路で1時間程度の場所なので、できればパワーのある車のほうが安定するし運転もしやすいだろう、ということと、子供はもう一人欲しい、ということからミニバンを選択。とりあえず新車の置いてあるディーラーに行って見積もりだけでもしてみよう、ということになりました。

 

 

トヨタのなかではノアも候補に挙がりましたが、試乗してみても私が運転するには正直大きすぎるなと感じました。その点シエンタのほうが若干小ぶりなのでこれなら運転できるかな、という感覚。カラーが豊富でかわいいし、これなら乗りたい!

 

 

新車にしようか悩みましたが、新車ならカラーが選べること、これから子供を連れて何件も中古車屋さんを回るのは正直大変だと感じたので、思い切って新車を購入することにしました。

 

 

値引きしてくれた営業マンに感謝

 

 

値引きの交渉はすべて主人に任せることにしました。

 

 

最初に出てきた見積もりは185万だったかな?そこから値引き交渉スタート。

 

 

その後出てきた見積もり額は175万円。ETCなどもサービスで付けて最終的な値引きは15万円分になったと思います。これで新車購入を決めました。

 

 

値引きをしてくださった営業マンさんには本当に感謝です。

 

 

マーチも38万円で買取。その場で買取見積もりをしてもらえました。距離は80000kmくらい乗っていたので買取額に響くかなーと思っていましたが、主人がたまたまほかのディーラーでの買取の見積もり書を持っていて、それを見せたら買取額がアップしました。そんなことで・・・と素人的には思ってしまいましたが、うれしい買取額となりました。

 

 

営業マンさんは主人のお父さんの代からずっとお世話になっている年配の方でした。

 

 

主人のお父さんはすでに他界しているのですが、お父さんもその方から新車を買っていたようです。

 

 

これ以上値引きができない、という段階に入ってから、ETCのオプションをサービスで付けてくださったり、クオカードをくださったり・・・何回も見積もり書を作り直していただきました。

 

 

私たちも値引き交渉でわがままを言いましたが、かなり頑張って営業マンさんに値引きをしていただいたと思っています。感謝です。

 

 

7人乗りにして良かったです。

 

 

念願のスライドドア。新車だけあって好きなボティカラーを選ぶことができたので大満足です。

 

 

子供たちも新車の匂いに大興奮です。新車が汚されないようになかなビニールシートを外す気になれません。高速道路も安定して走ってくれます。サービスで付けていただいたETCも大活躍です。

 

 

今は一番後ろの座席をたたんで、実家に里帰りする際に持っていく大量の子供の着替えやおもちゃを積むスペースとして活用しています。しかも帰りはお土産をたくさん持たされるので、助手席からなにから目いっぱい荷物を載せて帰ってきます。bBではこうはいかない、という余裕ぶりです。

 

 

もちろんもう一人生まれたら一番後ろのシートを活用できると思いますし、実家に行ったときは私の両親を車一台に乗せてみんなで外食、なんてこともできるので、7人乗りの価値があったなと思っています。

 

 

もちろん駐車場で乗り降りも楽々。一旦車に乗り込んでからゆっくりとチャイルドシートをつけることもできますし、停車中は子供たちを車内で遊ばせることができる広々とした空間が安心します。

 

 

主人も頻繁にシエンタに乗りたい、といって運転を買って出てくれますし、これなら長距離ドライブも行けそうだな、と言ってくれました。子供たちがもっと大きくなったらこのシエンタであちこち旅行したいと思います!

 

 

もちろん部活の送り迎えもこの車で・・・!下の子が中学生になるまでこの車に乗るんだ!と主人は意気込んでいます。まだ下の子は1歳ですが・・・そんなに乗れるかな?それだけ主人もシエンタを気に入ってくれたようです。

 

 

日産 マーチも思い入れがあって買ったので、買取られていくときは悲しかったですが、やっぱりトヨタ シエンタにしてよかったです。

 

 

主人が会社の同僚に値引き交渉の末新車を買ったこと、マーチの買取が38万円だったことを話すと、かなり驚かれたようです。その情報をもとに自宅でもネットで買取見積もりしてみましたが(いまさら)・・・やはり高かったと思います。

 

 

主人曰く、私が日常的にきれいに乗っていたこと(運転席やシートはきれいにしていたつもりです)、後部座席に乗せた子供たちがシートをキックするので、汚れ防止にとつけておいたシートが買取額アップにつながったのでは、と褒めてくれました。

 

 

それとほかのディーラーでの買取見積もり書も効いたのではないかと思っています。

 

 

次回買取に出すときはネットなど複数の店舗で比較して見積もり金額を見てみたりしたいと思います。

 

 

管理人からの一言

 

 

今回は、小型ミニバンのトヨタ シエンタをとても満足しているようで、家族揃って車に乗っているときの笑顔が思い浮かびます。

 

 

車を日頃から大切に乗っていると、最後に高額買取という形で見返りがやってきます。

 

 

マーチを高額で下取りしてもらえたのも、汚れ防止にシートをつけたりと、日頃から車を丁寧に扱っていたからこそだと思います。

 

 

今回は主人のお父さんの代からお世話になっている知人の営業マンだったとのことですが、営業マンが知人の場合も一長一短があります。

 

 

知人の店で買う場合、最終的に断られることが少ないという理由などからあまり大きな値引きをしないディーラーも多いと聞きます。

 

 

ディーラー側も、この人は車を買ってくれるだろうという安心感から、最大限に値引きする必要はないと考えるようです。

 

 

ただ一方、オプションを無料で多めに付けてくれたり、コミュニケーションが取りやすく、色々質問などもしやすかったりとメリットも多いです。

 

 

仮に最大限の値引きを狙う場合は、それなりの強い押しも必要になることから、知り合いから買うのは控えたほうが良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!