スズキ ハスラーの購入体験談

長年付き添った愛車を下取りにだしてスズキ ハスラーの新車を割引購入しました

【新車購入体験談】長年付き添った愛車を下取りにだしてスズキ ハスラーの新車を割引購入しました

 投稿者紹介

年齢 36歳
性別 男性
住まい 大阪府
購入車種 スズキ ハスラー

 

 

スズキの車にしようと決めていた

長年乗ってきたスズキ アルトがまもなく11年目の車検を迎えることになり、走行距離もだいぶ伸びていることと、やはり10年戦士としてのガタガタも見えてくるようになったことから、次の車への買い替えを検討せざるを得ない状況だと判断しました。

 

 

スズキは昔から大好きで、最近の軽自動車はほんとうに見違えるくらい良い商品になっていることから、今回もスズキの軽自動車で新車にしようという思いは最初から決まっていたのですが、実際にスズキのディーラーで新車の様々な車種を見てみると、本当に素敵な商品が多くて、どれにしようかとかなり悩んでしまいました。

 

 

軽自動車ということで、元々の値段が値段ですから見積もりをとっても値引きはかなり小さなもので、値引きはそんなに期待できないなと感じていました。

 

 

加えて下取りに出すアルトのほうも10年を超えているのですから、値引きの戦力にもならないだろうと思っていましたが、案の定、見積もりに記載されている金額は2万円で、処分のお金がかからないだけましなのだと思うしかありませんでした。

 

 

新車の候補としては、もう一度アルトにするか、定番の人気モデルであるワゴンR、室内が猛烈に広いスペーシア、そして今回最終的に決定したスズキ ハスラーが候補にあがりました。

 

 

交渉の末下取り額を引き上げたもらった

 

 

それぞれについて新車の見積もりと下取りの見積もりを値引きを添えて用意してもらいましたが、下取りはどれも一律であるものの、値引きはそれぞれの車種で若干異なっていました。

 

 

総支払額はできるだけ100万円に近づけたいという思いでしたが、110万円程度までなら良いだろうと思っていました。

 

 

最近の軽自動車の新車で110万円というのはかなり難しい条件のようですが、下取りに関する交渉を重ねて、下取り額が当初の2万円から5万円にまで引き上げていただいたこと、下取りは無理でも新車の車体価格からの値引きで頑張ってくれたことで、念願のハスラーを120万円で手に入れることができました。

 

 

新車の値引きについては下取りの情報を含めた見積もりなどでいくつかのお店を廻って検討しましたが、やはりインターネットにおける値引き情報のサイトが一番役に立ちました。

 

 

新車にも色々なグレードがあったので、自分の予算にあったグレードの新車見積もり、新車の値引き、下取りの情報などを検索して、実際の体験談や商談メモ、見積もりの実際の画像などを見てみることで自分としても目標価格を設定することができました。

 

 

下取りのほうはどうしても買取専門店の広告的なサイトばかりでしたが、どこのサイトでも値段が付かないような年式と走行距離だったので、そういう場合は新車ディーラーにおける値引きの一環で下取りの項目を交渉するとよいというアドバイスを体験談サイトから発見し、見積もりにおいて下取りのほうももう少し頑張ってもらえるように交渉しました。

 

 

新車の諸費用を含めた総支払金額は135万円でしたが。値引きが7万円、下取りが2万円で当初126万円の支払いというところだったものの、その後のこうした情報サイトによる交渉ポイントを駆使して、徐々にその幅を拡大していき、最終的には値引きで10万円、下取りで5万円というところまで拡大することができて、トータルのマイナス金額は15万円まで拡大し、自分の目標予算である110万円には届きませんでしたが、総額120万円で購入することができました。

 

 

良い相棒になってくれそうです

 

 

スズキ ハスラーで一番気に入っていることはスタイリングです。

 

 

テレビコマーシャルでも「遊べる軽」というようなキャッチフレーズが流れていますが、スズキ アルトとは全然異なる性格で、かわいらしさとやんちゃさが合わさっているように感じています。

 

 

趣味で出かけることが多い私にとっては、いかにも趣味を楽しむための車という感じがして、早速良い相棒になってくれています。

 

 

ツートンカラーというか、屋根の部分が異なる色になっていたり、バンパーの部分が異なる素材になって色が変わっていたりと、普通のモノトーン車両とは大きく異なる部分も大変魅力的で、飽きることがないデザインだなあと感じています。

 

 

外装以外では、内装のほうもかわいいデザインであることや、室内空間が広くてシートアレンジは期待していなかったのですが、前の椅子を倒してフルフラットにできたり、後ろの椅子を前にバタンと倒せば広大なラゲッジスペースができあがったり、後ろに至っては左右それぞれ、もしくは両方いっぺんにということまでできて、非常にユーティリティーの高いものになっていました。

 

 

また、収納やドリンクホルダーもたくさんあって、非常に便利なところは気に入っています。

 

 

最後に、運転席のメーターが満足していて、情報のパネル下部に色々なインフォメーションが出るディスプレイがあるのですが、エンジンの始動時や運転を終える際のメッセージ、表示などが面白いと思います。ますます良い相棒だと感じさせてくれる演出です。

 

 

トータルでも大満足な買い物になったと感じています。

 

 

管理人からの一言

 

 

今回は、値引きが厳しい軽自動車にもかかわらず、満足のいく値引きを引き出せたようです。

 

 

ハスラーはとても人気が高く、値引き額は5万から多くて10万程度と言われていますので、10万円の値引きは上出来です。

 

 

ただ新車を買う際、競合他社からも見積もりを貰いながら互いに競わせることで値引き額が拡大する場合があります。

 

 

例えば今回の場合、ダイハツのタント、ウェイクあたりと競合させることで、更に面白い交渉ができたかもしれません。

 

 

下取りに関しては、それなりの走行距離でガタガタな軽自動車を10年以上乗って5万円なら御の字です。

 

 

インターネットの一括査定を受けてみれば、さらに高い価格が付いた可能性もありますが、今回の場合売値にそこまで大きな開きはないと思われますので、手間を考え、ディーラーに下取りにだすという選択肢はアリだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!