新車を購入する時にかかる諸経費は!

新車購入の際の諸経費は!

新車を購入する際には諸経費がかかる!

新車を買う際には、車両本体価格の他に諸経費がかかります。

 

諸経費は一般的に、車両本体価格の10〜20%程度と言われていますが、購入する車の種類や排気量などによっても異なってきます。

 

予算が限られている場合などは、予め諸経費の額を考慮して購入する車種を決めなければいけません。

 

例えば予算が300万円の場合、車両本体価格は高くても250万円(諸経費25万〜50万円)程度に抑えなければいけません。

 

 

 

諸経費の内訳

 

税金、保険

 

自動車税

 

自動車税は車の排気量に応じて都道府県から課税されます。税額は以下のようになります。

 

排気量 税額(年)
660cc以下(軽自動車税) 10800円
1000cc以下 29500円
1001cc〜1500cc 34500円
1501cc〜2000cc 39500円
2001cc〜2500cc 45000円
2501cc〜3000cc 51000円
3501cc〜4000cc 66500円
4001cc〜4500cc 76500円
4501cc〜6000cc 88000円
6001cc以上 111000円

*自家用車に限る

 

 

また取得した年度分の自動車税は、取得月によって月割で支払います。例えば、1800ccの車を8月に取得すると、23000円の税金がかかります。(年間39500円)

 

2016年3月31日までは、自動車グリーン税制制度によって、排出ガスが少なく燃費が良く車を購入すると、翌年の自動車税が減税になる制度があります。

 

 

 

自動車取得税

 

自動車取得税は、自動車を取得したときに単発でかかる税金です。

 

普通車は取得価格×3%

 

軽自動車は取得価格×2%

 

*取得価格が50万円以下の場合は免税

 

となっています。

 

2015年4月1日〜2017年3月31日までの期間に新車登録をした車はエコカー減税の対象となり、自動車取得税が一部減税されます。

 

 

 

自動車重量税

 

自動車重量税は、新車の新規登録や車検の際に自動車の重量に対して支払う税金です。車検までの期間に応じて税額が異なり、購入時は車検までが残り3年なので、以下の税金が適用です。

 

 

自動車の重量 税金
軽自動車 9900円
500kg以下 12300円
501kg〜1000kg 24600円
1001kg〜1500kg 36900円
1501kg〜2000kg 49200円
2001kg〜2500kg 61500円
2501kg〜3000kg 73800円

*エコカー減税非適用車の新車購入時

 

自動車重量税は、自動車の重量によって課税されるため、ディーラーでオプションなどを付けると、税金額が増えてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

また、2015年5月1日〜2017年4月30日までの期間に新車登録をした車はエコカー減税の対象となり、自動車重量税が一部減税されます。

 

 

自賠責保険保険料

 

新車を購入すると、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)への加入が義務付けられます。

 

新車時は、次の車検までの3年間、37ヶ月契約で契約することになります。価格は、

 

普通車 40040円
軽自動車 37780円

 

です。

 

(上記から分かるように、軽自動車は税金面で様々な優遇処置があります。)

 

 

登録費用

 

車庫証明手続代行費用

 

新車を購入する際は、陸運局で車を登録するための「車庫証明書」が必要となります。(軽自動車は「保管場所届出」)

 

この車庫証明書を取る手続きをディーラーで代行したとき、書庫証明手続代行費用がかかります。

 

書庫証明手続代行費用の相場は5000円〜10000円となります。

 

自分で車庫証明がとれる方はカットしても良いでしょう。

 

 

 

検査登録届出代行費用

 

新車を購入する際、陸運局にナンバーの取得を申請しないといけないのですが、これをディーラー代行してもらう費用です。

 

これは素直にディーラーに代行しましょう。費用は15000円〜30000円程度です。

 

 

 

預かり法定費用

 

車庫証明、ナンバーの登録などを陸運局に届け出るのに必要な登録料や印紙代などです。

 

都道府県によっても微妙に異なりますが合わせて5000円程度が相場です。

 

 

 

納車費用

 

新車を自宅まで運んでもらうための費用です。

 

5000円程度が相場ですが、自分で車をディーラーまで取りに行けばカットできます。

 

正直持ってきてもらうだけで5000円は高いので、できるだけカットしたい費用です。

 

 

 

ナンバープレート料金

 

陸運局にナンバープレートを申請し、交付されると料金がかかります。

 

都道府県によって異なりますが、1500円程度が相場です。

 

また4000円〜5000円を支払えば、希望のナンバーを指定して交付してもらうことができます。(一部のナンバーは抽選)

 

 

 

自動車リサイクル料金

 

新車の購入時は、自動車リサイクル料金を払う必要があります。これは、最終的に車を廃車にするためにかかるリサイクル費用で、自動車が廃車になったときの所有者が負担します。

 

よって初めにこれを支払ったとしても、ディーラーや買取店に売った場合はちゃんと戻ってきます。

 

相場は、

 

普通車 10000円〜20000円
軽自動車 7000円〜15000円

 

 

値引き交渉の際は登録料の交渉タイミングに注意!

 

登録料は新車を買う際に費用負担を交渉してみても良いでしょう。ただし値引きを切り出すタイミングには注意が必要です。

 

早い段階で諸経費の負担を交渉すると、営業マンは諸経費をカットした分、値引き額を抑えてくる可能性があります。

 

まずは車の本体価格の値引きを最大限に引き出し、できれば登録費用の一部もディーラー側で負担していただけないかを交渉すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!