ローンが残った車を売却するには・・・!

ローンが残った車を売る方法!

ローンが残った車を売ることはできるのか!

車買うとき、自動車ローンを使って買う方は多いと思いますが、まだローンが残った状態で車を売却することはできるのでしょうか。

 

結論から申し上げると、ローンが残っていても車を売却することはできます。

 

注意点としてまずは、車を売却するうえで大切な車の名義を確認しましょう。

 

車の車検証には、その車の「所有者」が書かれていますので、そこに書かれている名前を確認します。

 

車の所有者が自分ならば問題なく車を売ることができます。

 

しかしまだローンが残っており、所有者がディーラーや信販会社の名義になっている場合はそのまま車を売ることはできません。

 

よく「住宅はローンを返し終わるまでは銀行のもの」という文言を耳にしますが、車も同じでローンを返し終わって初めて正式にあなたのものとなるのです。

 

よってローンの残債がある車は、「あなたにお金を貸してくれた会社」のものということになります。

 

ローンが残っていても、所有者が自分名義になっている場合もあり、その場合は問題なく車を売却できます。

 

 

ローンが残った車を売る方法!

 

所有者がディーラーや信販会社の車を売る一般的な方法は、いったんローン残債を完済し、所有権留保解除手続きを行って車を自分名義に書き換えるという方法です。

 

車の名義がディーラーや信販会社になっていることを「所有権留保」といい、それを解除することを所有権留保解除といいます。

 

ローンを完済して名義を書き換えるという当たり前の方法なのですが、この方法だとローンを一括で完済するための手持ち自己資金が必要となり、手持ちの資金はあまりないけど車を売却したいという方にはてきません。

 

 

そこで他の方法として、大手中古車買取店のローン残債サービスを使うという手があります。

 

ローン残債サービスは、ローンの残債が残っていたとしても、売却額とローン残債を相殺してくれるサービスです。

 

例えば、ローン残債が30万円残っているジムニーの査定額が50万だったとすると、

 

50万−30万円=20万円の受け取り

 

となり、20万円を受け取ることができます。

 

査定額よりもローン残債が多かった場合は差額を支払うことになります。ローン残債が30万円残っているカローラの査定額が20万円だったとすると。

 

20万円−30万円=10万円の支払い

 

また、この時に必要な所有権留保解除手続きも買取店が行ってくれますので、面倒な手続きを自分でする必要がないのが大きなメリットです。

 

不足金の支払いが困難な場合、買取店が用意している新たなローンを組み直すことで車を売却できます。

 

ディーラーに車を下取りしてもらう場合、新たに買う車のローンに残債を上乗せすることができますが、ローンがある状態では少しでも高く車を売ることが大切なので、買取店で売ったほうが良いでしょう。

 

 

なるべく高く売ることが大切!

 

車にローンが残っている場合、少しでも車を高く売るということがとても大切です。

 

買取額がローン残債に満たない場合、自分の所持金から補填する必要があり、車を買い換えようとしている場合はどうしても避けたい出費でしょう。

 

上記のように大手の買取店は、名義が違う車をスムーズに売却できるサービスをすでに確立しており、面倒な手続きも買取店がやってくれます。

 

少しでも高く車を売るためには、インターネットの中古車一括査定を利用しましょう。

 

一括査定で高額買取をしてくれる業者を探し出し、ローン残債の負担を少しでも軽減することが大切です。

 

 

 

おすすめの無料一括査定ランキング

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!