新古車は新車よりも大分安く手に入るのか・・!

新古車(未使用車)のメリット、デメリットは!

新古車(未使用車)とは!

新古車は、「すでに生産はされているが、一般ユーザーの手に渡らず使われていない中古車」のことです。

 

厳密に言うと、新古車という言い方は公正取引協会によって禁止されており、未使用車という言い方が正しいです。

 

実は未使用車というのは世の中にたくさん出回っています。

 

未使用車が出回る理由として

 

  • ディーラーがノルマを確保するために購入する水増し分
  •  

  • メーカーが販売実績を作るために生産する水増し分
  •  

  • ショールームや展示会の展示車
  •  

  • 新車発注後にキャンセルがでた分
  •  

  • ディーラーなどの試乗車

 

などがあります。

 

ディーラーは、目標の台数を販売する(登録する)ことによって、メーカーから奨励金がもらえますので、目標台数までの不足分をディーラーの自社名義で購入、登録することで補っています。

 

この余分に登録した分が未使用車となって数多く市場に出回るのです。

 

その他に、メーカーが販売実績1位などといった実績を作るための過剰生産車、ショールームで展示していた車、キャンセルが出た車、試乗車などが未使用車として出回ります。

 

どこまでが未使用車かという線引きがされているわけではないので、50kmぐらいしか走っていないものもあれば、全国の展示会を渡り歩き、1000kmを超えているものもあります。

 

未使用車を購入する際は、どのように使われていたのかを確認すると良いでしょう。

 

 

未使用車のメリット

 

新車よりも価格が安い

 

未使用車の最大のメリットは、ほぼ新車同等の車を新車より安い価格で買えることです。

 

例えば、数キロ〜数十キロしか走っていない車を新車よりも10万円安く買えるなら未使用車のほうがいいという方も沢山います。

 

ただ注意点として、人気車種の場合、未使用車でもほとんど新車と同額ということあるので、(推定値引き後の)新車の価格と未使用車の価格をしっかりと比較することが大切です。

 

 

新車よりも納車が早い

 

新車は注文してから生産を開始するので、納車まで数ヵ月かかりますが、未使用車の場合、名義変更をすればすぐに納車してもらうことができます。

 

ただ未使用車が遠方にある場合、数日かかることもあり、遠方から乗ってくる場合はその分走行距離が伸びることになります。

 

 

未使用車のデメリット

 

色、グレード、メーカーオプションの指定はできない

 

未使用車はすでに完成しているので、色、グレード、メーカーオプションを変更することはできません。

 

色やグレードは気に入らなければ購入を見送るか我慢するしかありません。

 

メーカーオプションは付けることはできませんが、ディーラーオプションは未使用車でも取り付け可能です。

 

 

キズや凹みがある場合がある

 

未使用車とはいえ、ショールームに飾ってあったり、展示会などに出展していた場合、どうしても小さなキズがつく可能性はあります。

 

細かなキズなどでも気になるという方は、未使用車の購入は控えたほうがよいかもしれません。

 

逆にあまり気にならないという方でも、購入する際は、一通りキズや凹みがないかを確認しましょう。

 

 

 

 

未使用車のメリット、デメリットを挙げましたが、最終的には好みの問題があります。

 

せっかく高いお金を払うなら新車を買いたいという方はやはりディーラーで新車を買うべきだし、新車同等の車を少しでも安く買えるなら未使用車の方がいいという方は検討する価値はあります。

 

ただ未使用車を検討する場合は、登録日と走行距離は必ず確認しましょう。

 

登録日が半年以上前だと、いろいろな展示会を渡り歩いていた可能性もありますし、営業マンが未使用車と言っていても実際は数千キロ走っている場合もあります。

 

未使用車といえども新車同然の高額な買い物なので、購入後に後悔することがないようにしっかりと検討しましょう。

 

 

インターネットで新古車(未使用車)を探すなら・・・

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!