車はディーラーで下取りするより買取店に売ったほうが良いのか!

ディーラーでの下取り価格が買取店よりも安い理由!

ディーラーでの下取り価格が買取店よりも安い理由!

新車を購入する際、自分が乗ってきた愛車をディーラーへ下取りに出すか、それとも中古車の買取店へ売ろうか迷っている方は多いと思います。

 

新車を買ったとき、ついでに車を引き取ってくれる分、ディーラーへ下取りをする方が手間はかかりません。

 

しかし基本的に、ディーラーへの下取り額は、中古車買取店に売るよりも安くなる可能性が高いということは頭に入れておきましょう。

 

中古車の査定額は、ディーラーおよび買取店のどちらも、オートオークションでの落札額を参考にして決定します。

 

にもかかわらず、どうしてディーラーの下取り額が低く抑えられがちなのでしょうか。

 

まず、ディーラーにくらべて中古車買取店の方が販売ネットワークが充実していることが挙げられます。

 

買取店は、オートオークション以外にも、海外へ販売したり、スクラップにして部品を販売したりするノウハウを持っています。一方ディーラーは、販売ネットワークが弱いため、安心を売りに必要以上のメンテナンスをしてから転売したりするので、自動的に下取り額は下がってしまいます。

 

また、買取店では事故車でも転売しますが、ディーラーは事故車は基本的にスクラップとなるので、事故車の下取り額はディーラーの方が大分安くなります。

 

次に、買取店の場合は複数社から見積もりをもらうので、単純に高い査定額を付けてくれる業者が現れる可能性が高いということがあります。

 

インターネットの無料一括査定サイトで一括査定を申し込むと、最大約10社が同時にあなたの車を査定してくれます。

 

実際に車を観ての査定も複数社に行ってもらうので、新車を買うディーラー1社に下取り査定をしてもらうよりも査定額が高い買取店が出てくる可能性は高まります。

 

近年はディーラーと買取店の買取額の差は以前ほど大きくはありませんが、インターネットの一括査定を利用し、さらに複数社に査定をしてもらったにもかかわらずディーラーの方が査定額が高くなるということはほとんどありません。

 

下手をすると数十万という買取額の差が出ることもありますので、ディーラーに下取りに出す前には必ずインターネットの一括査定を行いましょう。

 

 

おすすめの無料一括査定ランキング

 

 

 

ディーラーで下取りしてもらうメリット、デメリット

 

ではディーラーの下取りが必ずしも駄目かというとそうでもありません。

 

やはり実際に買取店に車を売るとなると手間がかかりますし、多少安くなってもディーラーへ下取りに出したいという方もいます。

 

ディーラーに車を下取りに出すことにもメリット、デメリットがあり、どちらに車を売るかは総合的判断をすることになります。

 

 

ディーラーで下取りしてもらうメリット

 

・新車の購入と一緒に手続きができて手間がかからない。

 

・下取り日と納車日を調整してくれるので、車無しの期間をなくすことができる。

 

・買取店に売るよりも、ディーラーとの信頼関係が強くなる。

 

・人気のない車でもそれなりの値段が付くこともある。

 

 

ディーラーで下取りしてもらうデメリット

 

・買取店に売るよりも安くなる可能性が高い。

 

・新車の値引き額と調整されてしまう。

 

・他社メーカの車や事故車などは下取り額がかなり安くなる場合がある。

 

 

 

ディーラーで下取りしてもらうと、手間がかからない、車無し期間がないなど、利便性の面で大きなメリットがあります。

 

一方、ディーラーの下取り額は中古車買取店で売るよりも安くなりがちです。

 

また、新車購入の際、新車の値引き額と下取り額を調整して利益を確保しようとしてくる営業マンもいます。

 

仮にディーラーに下取りに出す場合でも、予めインターネットの無料一括査定は受けておきましょう。

 

ここで自分の愛車の価値をしっかり把握しておくことによって、下取り額が高いのか安いのかを判断することができます。

 

もしディーラーに下取りに出すつもりだったとしても、ディーラーの下取り額が買取店の査定額よりも大幅に安い場合などは、下取りを考え直したり、下取り価格を交渉することもできます。

 

安く新車を買う秘訣は、あなたの愛車をなるべく高く売ることであるということをしっかり頭に入れておきましょう。

 

 

 

おすすめの無料一括査定ランキング

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!