MT(マニュアル)とAT(オートマ)の違いとは!

免許を取るならMT(マニュアル)とAT(オートマ)どちらが良いのか!

免許を取るならMT(マニュアル)とAT(オートマ)どちらが良いのか!

普通自動車免許には、MT(マニュアル)車とAT(オートマ)車の両方が運転できるもの(以下MT免許)とAT限定しか運転できないもの(以下AT免許)の2種類があり、自動車免許を取得する際にどちらを取得しようか迷っている方も多いと思います。

 

MT車は、ギアの変速を手動で行う方式の車で、クラッチ操作が必要です。

 

アクセルでの加速、ブレーキでの減速の他に、クラッチとギアの操作をしなければいけない分、運転中はATに比べて忙しくなります。

 

MT車はAT車に比べて運転の難易度が高く、半クラッチの感覚がつかめなかったり、ギアの切り替えを間違えたりして、初めて運転するほとんどの方は教習所で何度もエンストをしてしまいます。

 

一方AT車は、ギアチェンジが自動で行われるため、クラッチ操作が不要です。

 

運転はMT車に比べると簡単で、初心者でも比較的早く上達します。

 

ドライブモード「D」に入れてしまえば、あとはアクセルとブレーキのペダルだけを操作すれば車を動かしたり止めたりすることができます。

 

 

 

市場に出回っている車の98%がAT車!

 

MT車は徐々に市場から姿を消しつつあり、2015年現在、AT車の比率は全体の98%を超えています。

 

AT車はMT車に比べて運転が簡単で、エンストをすることもほとんどないため、やはり多くの人に受け入れられたのだと思います。

 

特に、通勤で毎日車に乗る人、信号や交差点の多い住宅街を走る人、運転に自信のない女性などはMT車よりもAT車のほうを選ぶ方が多いでしょう。

 

一般の家庭で普通に走ることを想定した車は、ほとんどがAT車となっていますので、AT免許であっても普段乗る車に困るということはなさそうです。

 

 

 

男性でもAT免許を取る時代!

 

数年前までは、男性はMT免許、女性はAT免許を取得する人が多く、男性でAT免許を取る人は少数派だったと思います。

 

しかし近年、男性でもAT免許を選ぶ方が増えてきており、女性に至っては9割以上がAT免許を取得します。

 

AT免許は、MT免許に比べて教習のプログラムが約3割少なく、短時間で免許を取得することができ、またその分取得の料金も安いため、ほとんど運転する機会のないMT車のためにわざわざ免許を取る必要がないという方が増えてきているのだと思われます。

 

MT車には始めから乗る気はないという方は、AT免許でも特に困ることはありません。

 

 

 

MT車の方が好きな人も!

 

とはいっても、いまだにMT車の方が好きで、MT車に好んで乗っているという方はいます。

 

まず、MT車の方が運転の楽しさは圧倒的に上です。

 

クラッチや変速ギアを自在に操る姿は見ていてもカッコイイですし、運転の技術差が出やすいので、走り屋などの間ではMT車はまだまだ健在です。

 

スポーツカーやトラック、バス、商用車など、まだまだMTの車も存在するので、MT免許を持っていて損はありません。

 

AT免許を取得したがMT免許が必要になった場合、後になってMT免許に切り替えるためには再度教習所へ行って追加の教習を受けなければいけません。

 

少しでもMT車に興味があったり、MT車を運転する可能性があるならば、初めからMT免許を取ることをおすすめします。

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!