純正ナビと社外ナビの違いとは!

カーナビは純正品と社外品のどちらが良いのか!

カーナビは純正品と社外品のどちらが良いのか!

 

 

新車を買ったときは多くの方が同時にカーナビを取り付けます。

 

 

カーナビは、メーカーやディーラーが取り付ける純正品と、電機メーカー、オーディオ機器メーカ-などが供給する社外品があります。

 

 

純正品に中でも、メーカーが製造段階で取り付けるメーカーオプションナビと、でディーラーに車が届いたあとで納車前に取り付けるディーラーオプションナビがあります。

 

 

それぞれのメリット、デメリットを解説していきますので、迷っている方は参考にしてください。

 

 

 

純正ナビのメリット、デメリット

 

純正ナビといっても、自動車メーカー自身がカーナビを作っているわけではなく、関連企業、電機メーカーなどが製造しています。

 

 

純正ナビには、メーカーが製造段階で取り付けるメーカーオプションナビと、ディーラーに届いてから取り付けるディーラーオプションナビがあります。

 

 

メーカーオプションナビのメリット、デメリット

 

メリット

 

・その車専用に作られているものが多く、内装にマッチした取り付けがされるので、見た目が綺麗に仕上がる。

 

・その車専用に作られているものが多く、燃費チェック、エアコン操作、その他機能がナビと連動していて使いやすい。

 

・社外品に比べて保証期間が長い。

 

・安全確認のカメラなどが違和感なく取り付く。

 

・納車時には取り付いているので手続きが簡単。

 

・売る時の査定額がアップする可能性がある。

 

 

デメリット

 

・社外品に比べて価格が高い。

 

・走行中にテレビの映像が見れない(改造可)

 

・様々な機能がナビと連動しているので、後にナビを交換した場合に不便になる場合がある。

 

 

ディーラーオプションナビのメリット、デメリット

 

メリット

 

・メーカーオプション程ではないが、内装にマッチした取り付けがされるので、見た目が綺麗に仕上がる。

 

・メーカーオプションに比べて汎用性が少し上がり、DVDやHDDなどの選択の幅が広がる。

 

・ディーラーで購入前に実際に触ってみることができる場合がある。

 

・社外品に比べて保証期間が長い。

 

・納車時には取り付いているので手続きが簡単。

 

・売る時の査定額がアップする可能性がある。

 

 

デメリット

 

・社外品に比べて価格が高い。

 

・走行中にテレビの映像が見れない(改造可)

 

 

 

社外ナビのメリット、デメリット

 

社外ナビは、オートバックスやイエローハットなどのカー用品店で売られているものを納車後に取り付けます。代表的なブランドとして、カロッツェリア(パイオニア)、パナソニック、イクリプス(富士通テン)、クラリオン、アルパインなどが挙げられます。

 

 

最近ではネット通販などでナビを買って取り付けるパターンも増えてきています。

 

 

社外ナビのメリット、デメリット

 

メリット

 

・純正ナビの同じグレードのものより価格が安い。

 

・純正ナビよりも技術の進歩が早く、高機能ナビが充実している。

 

・カー用品店などで購入する場合、実際に触ってみて選択することができる。

 

・汎用性が高く、多数のナビの中から自分の好みのものを選択することができる。

 

 

デメリット

 

・純正ナビに比べて保証期間が短い。

 

・納車時には取り付けされていない場合があるため、手続きが少し面倒になる。(ディーラーとカー用品店に繋がりがあればこの限りではない)

 

・汎用性を重視しているため、自分の車にジャストフィットしない場合がある。(隙間ができたり、見た目に違和感が残る場合も・・・)

 

 

結局どちらが良いのか!

 

純正ナビと社外ナビにはそれぞれメリット、デメリットがあるため、こちらが良いとはっきりいうことはできません。

 

 

純正ナビが向いているのは、その車専用設計ならではの見た目や使いやすさを重視する人です。

 

 

また、納車時にすでにナビが取り付いていて面倒な手間がかからないのもありがたいです。

 

 

テレビの映像が走行中に映らなくなるのを嫌がる方もいますが、走行中にテレビの映像が流れるのは想像以上に危険です。

 

 

テレビの映像を見ていて事故を起こしてしまうかもしれないという自覚がある場合、あえて映像が映らない純正ナビのほうが良いのかもしれません。

 

 

一方、価格を少しでも安くしたい方は社外ナビが良いでしょう。

 

 

旧モデルのナビなどは工賃を含んだとしても格安価格で購入できる所もあります。

 

 

また、ナビのスペックやパフォーマンスにこだわりをもつ方も社外ナビがおすすめです。

 

 

社外ナビはピンからキリまでが幅広く、最新の技術を取り入れた高機能ナビも社外品の方が充実しています。

 

 

近年は、車種ごとに独自の室内空間をデザインし、違和感なく上質な空間に仕上げるといったサービスも登場してきており、今後の技術進歩が期待される分野でもあります。

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!