自動車保険のノンフリート等級!

自動車保険の等級制度について!

自動車保険の等級制度について!

自動車保険(任意保険)には、ノンフリート等級制度というものがあり、事故をあまり起こさないドライバーの保険料を安くし、事故を起こすドライバーの保険料は高くなるような仕組みになっています。

 

ノンフリートとは、車9台以下の契約のことで、個人で加入している自動車保険はほぼ間違えなくノンフリート契約なので、このノンフリート等級制度が適用されます。(10台以上ではフリート契約となるが、法人の契約が対称)

 

ノンフリート等級制度(以下等級制度)は、1等級から20等級までの20段階のランクに分かれており、全ての契約車が必ずどこかの等級に入っています。

 

一番上が20等級で自動車保険の割引率が最も高くなり、一番下が1等級で、逆に自動車保険割増率が最も高くなります。

 

自動車保険の新規契約をすると、はじめは6等級からスタートし、1年間事故がなければ次の年に1等級アップします。(6等級の状態で1年間事故を起こさなければ、次の年は7等級へアップ)

 

よって、ずっと事故を起こさなければ、毎年1等級ずつ上がっていき、徐々に保険料の割引率が高くなっていくという仕組みです。

 

また、等級制度は保険会社を乗り換えてもそのまま継続するので、満期のタイミングで保険会社を乗り換えれば、次の保険会社では1等級上がった状態でスタートします。

 

 

 

事故を起こしたときの等級変化について!

 

逆に事故を起こしたときは等級がダウンします。

 

起こした事故の程度によって、次の3つのうちどれかの事故に分類されます。

 

3等級ダウン事故 車同士の衝突、単独の衝突事故、人身事故など
1等級ダウン事故 盗難、台風、竜巻、洪水、高潮、飛石など
ノーカウント事故 人身障害保険、搭乗者障害保険のみが支払われたときなど

 

車同士の衝突事故などを起こし、相手に対人賠償保険、対物賠償保険が支払われたり、単独事故によって車両保険が支払わたりした場合は3等級ダウン事故となります。

 

次の年からは今の等級より3等級下がり、さらに3年間は事故あり等級が適用されるため割引率が大幅に低下します。

 

台風や洪水によって車両保険が支払われたり、飛石ら落書きなどで車両保険が支払われたりした場合は1等級ダウン事故となります。

 

次の年は今の等級より1等級下がり、さらに1年間は事故あり等級が適用されます。

 

人身障害保険や搭乗者障害保険のみが支払われた場合や、自動車事故弁護士費用特約のみが支払われた場合などはノーカウント事故となり、等級に変化はありません。

 

 

無事故等級と事故あり等級について

 

等級制度は平成25年に改訂され、同じ等級でも無事故等級事故あり等級の2つに分けられることとなりました。

 

例えば、同じ12等級でも、無事故の12等級は割引率が47%に対し事故ありの12等級は27%割引となっており、事故あり等級になると事実上保険料がアップします。

 

事故あり等級へは、3等級ダウン事故、1等級ダウン事故を起こし、保険を利用した次の年に移行します。

 

例えば、15等級の人が3等級ダウン事故を起こすと、次の年は事故ありの12等級となります。

 

3等級ダウン事故の場合、事故あり等級は3年間継続しますので、事故から2年目の年は事故ありの13等級、事故から3年目の年は事故ありの14等級、そして事故から4年目の年にやっと無事故の15等級に復帰します。

 

1等級ダウン事故の場合、事故あり等級の継続は1年なので、15等級の人が1等級ダウン事故を起こすと、次の年は事故ありの14等級、事故から2年目の年に無事故の15等級に復帰します。

 

注意点として、事故あり等級中にさらに事故を起こすと、あとで起こした事故あり期間が追加されます。

 

例えば、同じ年に3等級ダウン事故を2回起こした場合、次の年は6等級ダウンし、事故あり期間も6年間となってしまいます。

 

また、事故あり等級は保険会社を乗り換えても継続しますので、事故を起こしてしまうと保険料のアップは避けられません。

 

事故あり等級が導入されてからは、ますます事故を起こす車に対しての対応が厳しくなっています。

 

もしもの時の自動車保険ですが、普段から安全運転を心がけてなるべく事故を起こさないようにしたいですね。

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!