試乗の際はここを確認!

新車の試乗の際のチェックポイントは!

新車を購入の際は必ず試乗を!

新車を購入する際は必ず試乗をしましょう。

 

車を見た目やイメージだけで決めてしまう方がいますが、もっとも重要なのは乗り心地です。

 

現に、試乗してみると思っていたのとは違ったという場合も多いです。

 

試乗をする時は、あらかじめディーラーへ予約をしておくと良いでしょう。いきなりディーラーへ行って試乗しても良いですが、お目当ての車がすぐにあるかが分かりません。

 

最近は、ディーラーのホームページなどでも試乗予約ができるようになっています。

 

 

 

試乗の際のチェックポイント!

 

試乗をする際は以下の点をチェックしましょう。

 

まずは運転する前に!

 

内装が好みかどうか

 

車を買って、自分が一番見ている時間が長いのが内装です。各種メーターやハンドブレーキの位置、収納の位置などで不満な点はないかをチェックしましょう。

 

 

トランクルームの広さは十分か

 

トランクルームが狭いと後々に苦労することになります。自分のライフスタイルの中で適切な大きさのトランクルームが備わっているのかを考えましょう。

 

 

シートの座り心地はどうか

 

シートは運転中ずっと座り続ける大切なパーツです。座った時に違和感がないかをチェックします。

 

 

助手席や後部座席の空間はどうか

 

家族や友人、恋人などを良く乗せる場合、助手席や後部座席にちゃんとした空間があるかどうかも確認しておいたほうが良いです。

 

 

車の大きさは適切か

 

自分が運転しやすいかどうかも大切ですが、車庫や駐車場に入るかどうかは必ず確認しておかなければいけません。

 

 

そして実際に走ってみて!

 

アクセル、ブレーキの感覚はどうか

 

アクセルを踏んだときの加速具合、ブレーキを踏んだ時の止まり具合は要チェックです。

 

 

ハンドル操作の感覚はどうか

 

ハンドル操作に違和感がないかを見ておきます。ハンドルが思ったよりも重い、軽いなどをチェックします。

 

 

バックミラーやサイドミラー、後方視界はどうか

 

ミラーの見やすさも大切ですが、後方視界は必ずチェックしましょう。後方視界が極端に悪い場合はバックカメラなどのオプションが必須です。

 

 

メーターや各種計測機器は見やすいか

 

速度メーターを始め、ガソリンメーター、燃費メーター、走行距離などの各種計測機器が見やすいかをチェックします。最近は速度メーターがデジタルのものなんかもたくさんあります。

 

 

エンジン音は適切か

 

走行中に違和感のあるエンジン音が気にならないかをチェックしましょう。エンジン音の違和感が残るなら、その車はやめておいたほうが良いかもしれません。

 

 

 

ライバル車も試乗してみよう!

 

試乗は1車種だけでなく、各メーカーの競合車種を乗り比べてみると良いでしょう。

 

例えば、コンパクトカーの購入を検討している場合

 

トヨタ ヴィッツ
ホンダ フィット
日産 マーチ
スズキ スイフト
マツダ デミオ

 

などを乗り比べてみましょう。

 

同じコンパクトカーでも、細部で色々な違いが見えてくるはずです。

 

始めはヴィッツを考えていたけれども、試乗してみるとデミオがとても乗り心地が良く、デミオが欲しくなったなんでことも普通にあります。

 

 

 

新車の購入は余裕を持って!

 

いくつもの車に試乗するにはそれなりの時間がかかりますが、ろくに試乗をしないで新車を購入するよりも、いろんな車に試乗してから新車を購入する方が、満足のいく買い物になる可能性は高いでしょう。

 

よってなるべく早めに行動をし、できるだけ多くの車に試乗する時間を確保することが大切です。

 

また家族や恋人がいる場合、一緒に試乗することによって客観的な意見を聞くのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!