自賠責保険の任意保険の補償内容を理解しよう!

自賠責保険(強制保険)と任意保険

自賠責保険(強制保険)と任意保険

自動車保険には、自動車に乗る全ての運転者の加入が法律によって義務付けられている自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と、運転者が任意で加入ができる任意保険があります。

 

自賠責保険は、車の購入時には必ず加入しなければいけません。また、車検の時には必ず更新しなければいけません。

 

自賠責保険は自分で保険会社を選んで加入するといったことがないので、あまり保険に入っているという実感がないのかもしれませんが、自賠責保険に入らないで車を運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に加え、免許停止処分という厳しい罪に問われます。

 

任意保険は任意という名前がついていますが、自賠責保険だけでは保証は不十分なので、必ず入ったほうが良いでしょう。(一般的に任意保険のことを自動車保険という場合もあります。)

 

任意保険に入っていない状態で大きな事故を起こしてしまうと、一回の事故で人生が大きく狂ってしまう恐れもあるので、安心を買うという意味でも多少の保険料は仕方ありません。

 

自動車保険選びのポイントは! では任意保険の選び方について解説しています。

 

 

 

自賠責保険(強制保険)について!

 

自賠責保険は必ず加入しなければいけない保険なので「強制保険」ともいわれます。

 

自賠責保険の補償内容は以下のようになっています。

 

  補償限度額
障害 120万円
死亡 3000万円
後遺障害 程度により75万円〜4000万円

 

 

注意点として、自賠責保険は、他人を死傷させてしまったことに対してのみ支払われる保険だということです。

 

自分が死傷してしまった場合の補償や、物損事故に対しての補償はありません。

 

また、相手を死亡させてしまった場合の支払い上限が3000万円というのも不十分です。

 

交通事故で他人を死亡させたり、重度の後遺障害を負わせてしまったりした時の賠償額は億単位になることも多く、自賠責保険の保障額だけではまかなえません。

 

やはり自賠責保険だけでは補償は不十分といえます。

 

 

任意保険について!

 

任意保険は、自賠責保険では不十分な補償をしっかりとまかなうために必ず加入しましょう。

 

おすすめの一例としては以下のような補償を選択します。

 

対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
車両保険 一般車両保険 or エコノミー+限定A
人身障害保険 無制限
搭乗者障害保険 なし
無保険車障害保険 2億円
自損事故障害保険 1500万円

 

上記はあくまで一例であり、人によって付けた方が良い補償、付ける必要のない補償は若干異なりますので、自分にあった補償内容を選択しましょう。

 

(各補償の詳しい説明はこちら

 

任意保険は加入したほうが良いとはいえ、加入しない場合に比べて余分に保険料がかかります。

 

実際、任意保険の加入率は自動車共済を含めて85%程度といわれており、これは任意保険に入っていない人も中にはいるということを表しています。

 

ただ、もしもの事故のことを考えると任意保険に入らないというのはおすすめできません。

 

そこで、少しでも保険料を安くするためには、同じ補償内容の中でなるべく安い任意保険を選びましょう。

 

インターネットでの一括見積もりをすれば、同様の補償内容で一番安い保険会社を簡単に探すことができます。

 

任意保険を少しでも安くしたい方は一度試してみてください。

 

 

↓ ↓ 自動車保険の一括見積もりは以下より! ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!