おすすめの自動車保険の選び方!

自動車保険選びのポイントは!

自動車保険選びのポイントは!

新車の値引き交渉や中古車の買取査定はしっかりと行っているにもかかわらず、自動車保険選びがおろそかになっている方は意外に多いです。

 

自動車保険のうち任意保険に関しては強制加入ではありませんが、事故にあった時のことを考えると必ず任意保険にも入っておくべきでしょう。

 

自賠責保険(強制保険)と任意保険

 

ただ任意保険は、ディーラーや中古車販売店に勧められるがままに加入し、なんとなくそのまま更新をし続けている人が多いのが現状で、この任意保険をしっかりと見直すことで保険料を安くできるのです。

 

通常自動車保険は1年契約なので、満期になった時に見直すのが良いでしょう。

 

 

 

補償内容と決めよう!

 

まず任意保険の補償内容を決めます。任意保険には以下のような種類の保険があります。

 

・対人賠償保険
・対物賠償保険
・車両保険
・人身障害保険
・搭乗者障害保険
・無保険車障害保険
・自損事故障害保険

 

 

対人賠償保険

 

おすすめ : 無制限

 

対人賠償保険は、事故によって他人を死傷させてしまった時に支払われる保険金です。自賠責保険でも、相手の死亡が3000万円、後遺障害が4000万円、障害が120万円の補償が受けれますが、これでは補償内容は不十分です。

 

対人賠償は近年高額な賠償額になることが多く、もし人を死亡させてしまった場合、過失割合にもよりますが、億単位の賠償額も珍しくありません。

 

もし自賠責保険しか入っていなかった場合、一回の事故で人生が大きく狂ってしまうことにもなりかねませんので、対人賠償保険は「無制限」とすることが必須と言えます。

 

対物賠償保険

 

おすすめ : 無制限

 

対物賠償保険は、事故によって他人の資産に損害を与えてしまった時に支払われる保険金です。自賠責保険では物に対する補償がありませんので、任意保険でカバーしなければいけません。

 

対物賠償保険は「1000万円以下」、「5000万円以下」、「無制限」などから選ぶことができますが、おすすめは「無制限」です。

 

対物賠償は人とは違い5000万円以上の高額賠償になることは滅多にありません。

 

ただし、過去には積荷を積んだトラックや電車などとの衝突事故で、億単位の賠償請求を受けた例もあります。

 

確率は低いですが、もしも高額賠償となった場合大きく人生が狂ってしまう可能性がありますので、こちらも無制限にするのが良いでしょう。

 

車両保険

 

おすすめ : (一例)

新車〜3年目 一般車両保険
3年目〜7年目 エコノミー+限定A(車対車+限定A)
7年目以降 車両保険なし

 

 

車両保険は、事故を起こしてしまった時の自分の車に対する補償です。車両保険には一般的に以下のようなランク分けがあります。

 

  一般車両保険 エコノミー+限定A
車対車 補償 補償
単独事故,当て逃げ 補償 補償なし
火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮、窓ガラス破損、落下物の衝突 補償 補償

 

車両保険に入るか入らないかは、自分の車の価値や、自分が事故を起こす可能性などを総合的に判断して決めると良いでしょう。

 

一例として、新車を購入してから3年目ぐらいまでは一般車両保険に入り、3年目〜7年目ぐらいまではエコノミー+限定A、7年目以降は車両保険を外すといった手法があります。

 

車両保険に入っていなければ保険料は安くなりますが、もし新車の状態で単独事故などを起こすと目も当てられません。

 

仮に事故を起こして自分の車が廃車になっても問題がないようであれば車両保険は入らなくても良いでしょうし、廃車になるとダメージが相当大きい場合は入っておいた方が良いでしょう。

 

 

人身障害保険

 

おすすめ : 無制限

 

人身障害保険は、自動車事故により契約車に搭乗中の方が死傷されたとき、過失割合にかかわらず治療費、休業補償などを受けることができる補償です。

 

対人賠償保険は、死傷させてしまった相手に対する補償であり、自分が死傷した時の補償を受けたい場合は人身障害保険に入ります。

 

人身障害保険は、自分が契約した車を運転していた時の事故だけでなく、他人の車に乗車中の事故や、歩行中に自動車事故にあってしまった場合でも補償されるのが特徴です。

 

3000万円以上、5000万円以上、1億円以上、無制限などの中から選ぶことができますが、おすすめはやはり「無制限」です。

 

事故時にこちら側の過失割合が高い場合、相手の対人賠償保険では十分な補償はされません。

 

例えば、こちらがセンターラインをはみ出して相手の車と衝突し、こちらの過失割合が80%になったとすると、相手の対人、対物賠償保険からは、相手の過失分20%しか保険金を受け取れませんが、人身賠償保険に入っていると全額補償されます。

 

自分の過失での事故も十分に考えられますので、人身賠償保険はしっかり入っておいた方が良いでしょう。

 

 

搭乗者障害保険

 

おすすめ : なし

 

搭乗者障害保険は、自動車事故により契約車の車に搭乗中の方が死傷されたとき、過失割合にかかわらず契約時に定めた金額が支払われる補償です。

 

人身障害保険と似ているのですが、搭乗者障害保険は怪我をした部位、症状によて予め決められた金額が支給されます。

 

搭乗者障害保険は1000万円で契約するのが一般的ですが、人身障害保険に入っている場合は入る必要はありません。

 

逆に、自分が死亡した時の補償はそこまで手厚くする必要がないと感じたら、保険料の高い人身障害保険を外して、搭乗者障害保険だけにするのも手です。

 

 

無保険車障害保険

 

おすすめ : 2億円

 

無保険車障害保険は、事故を起こした相手が任意保険に入っていなかった場合でも、自分の保険から保険金を受け取ることができる補償です。

 

基本的には対人賠償保険に付帯している補償で、対人賠償保険が無制限の場合、無保険車障害保険は2億円となります。

 

相手の自賠責保険3000万円では補償は十分とは言えず、相手が任意保険未加入でも十分な補償を受けることができます。

 

 

自損事故障害保険

 

おすすめ : 1500万円

 

自損事故障害保険は、自分の過失で単独事故、追突事故などを起こしてしまい、自賠責保険の支払いを受けることができない時に受けることができる補償です。

 

基本的には任意保険に付帯している補償で、人身障害保険に入っている場合はそちらの支払いが優先されるので自損事故障害保険は適用されません。

 

限度額は死亡時で1500万円までと低く、補償内容として十分とはいえませんので、人身障害保険か搭乗者障害保険には入っておきましょう。

 

 

 

以上おすすめの補償内容をまとめると、

 

対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
車両保険 一般車両保険 or エコノミー+限定A
人身障害保険 無制限
搭乗者障害保険 なし
無保険車障害保険 2億円
自損事故障害保険 1500万円

 

これはあくまで一例であり、車の価値や日々の運転量、好みなどによって自分にあった補償内容を決めましょう。

 

仮に事故にあってしまった時のことを考え、最低限致命傷にならない程度に保険を手厚くしておくのも重要です。

 

 

自動車保険一括見積りをしよう!

 

自動車保険の補償内容が決まったら、いよいよ一番安い保険会社を探します。

 

おすすめはインターネットの一括見積もりサイトです。

 

同じ補償内容で一番安い保険会社が簡単にわかりますのでこれを使わない手はないでしょう。

 

 

 

↓ ↓ 自動車保険の一括見積もりは以下より! ↓ ↓

 

 

 

 

補償内容が同じなので、基本的には安いところを選べばよいとは思いますが、自動付帯される保険や特約に微妙な違いがある場合がありますので、自分が求めている補償内容がしっかりと含まれているかを再確認し、自動車保険を申込みましょう。

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!