輸入車を購入するための知識!

輸入車(外車)を買うときの注意点!

日本でも人気が出てきた輸入車(外車)

日本は従来から国産車のシェアがとても高い国ではありますが、近年は輸入車(外車)人気が上昇してきています。

 

少し前までは、輸入車といえば芸能人や実業家などが乗る高級車のイメージがありましたが、今は手頃な価格でブランド力がある輸入車が多数あり、一般の方でも輸入車に乗ってみようという方がたくさんいます。

 

輸入車を検討する理由としては、他人との差別化、斬新なデザイン、内装の高級感、高い耐久性、ダイナミックな走りなどが多いのではないでしょうか。

 

一方輸入車は、輸送コストが上乗せしている分価格が高いといったことや、メンテナンスの際の部品代が高いといったデメリットもあります。特に、高級なスポーツカーなどは部品代も高額で、さらに特殊な工具などを使用する場合、工賃なども高額になる可能性があります。

 

輸入車の購入を検討している方は、維持コストなども考えて計画を立てましょう。

 

 

新車で輸入車を購入する場合、正規輸入車と並行輸入車の2通りの輸入車があります。

 

それぞれのメリット、デメリットを解説していきす。

 

 

正規輸入車のメリット、デメリット

 

正規輸入車とは、メーカーの日本法人や商社などを通して日本に輸入し、ディーラーを通して販売しているものです。

 

街の輸入車専門ディーラーなどで購入するのは正規輸入車です。

 

正規輸入車は、あらかじめ日本に輸出するために作られているので、日本国内でも問題なく使用できるよう、日本国内の基準に基づいて仕様変更されています。

 

例えば正規輸入車は、国産車と同様右ハンドルとなっているものが多く、日本人でも抵抗なく運転できるようになっています。(一部左ハンドルをラインナップしている車種もあります)

 

また温度や湿度など、日本国内の気候環境に適したものとなっており、環境が原因で電子部品が故障したりすることもあまりありません。

 

正規輸入車のメリットは、しっかりしたディーラーが付いている安心感です。

 

輸入車のディーラーというのは、国産車のディーラーよりもサービスが充実しており、アフターフォローも万全です。故障の際のメンテナンスやリコールの際もしっかりと対応してくれるので、初心者でも安心して輸入車に乗ることができます。

 

一方、正規輸入車のデメリットは、やはり価格の高さです。

 

輸送コストなどがかかるため、同グレードの国産車に比べると価格は割高です。ただ、価格が高いことも含めて輸入車の価値だという見方もあるのかもしれません。

 

 

並行輸入車のメリット、デメリット

 

並行輸入車とは、正規輸入車以外の車両のことで、個人の輸入業者などが輸入し、輸入車販売店などで売られているものです。

 

並行輸入車は玄人向けで、輸入車に初めて乗るような初心者の方はやめておいたほうが良いでしょう。

 

並行輸入車のメリットは、正規輸入のルートでは手に入らないような珍しい車を購入できるということです。

 

逆に、よほど珍しい車に乗りたいという人以外は、並行輸入車を購入するメリットはあまりありません。

 

そして、並行輸入車には多くのデメリットがあります。

 

まず、最大のデメリットはメンテナンス性の悪さです。

 

故障時の部品の調達が困難で、納期もかかる場合があります。メンテナンスしてくれる車屋も限られているため、工賃も割高です。

 

ディーラーへ行っても並行輸入車はメンテナンスを断られる可能性が高く、車屋が見つからないと修理不能になるケースもあります。

 

その他、下取り価格がかなり安くなる、自動車の任意保険に入れない可能性がある、輸入業者が倒産してアフターフォローがなくなる恐れがある、日本の環境に適合せずに電子部品が故障してしまう可能性がある、などの数々のデメリットがあります。

 

また、良く並行輸入車は正規輸入車よりも安いのでお得といった意見がありますが、上記のデメリットを考えると、最終的には並行輸入車の方がお金がかかってしまうケースも多いです。

 

どうしても乗りたい車があり、正規輸入では流通していない場合などは、並行輸入車を利用してみても良いかもしれません。

 

 

正規輸入車の値引きは!

 

輸入車のディーラーは、国産車のディーラーに比べて値引きが効きづらい傾向にあります。

 

やはり国産車に比べて価格第一という方が少なく、多少高くてもその希少性を求めるユーザーが多いのが理由です。また、大きな値引きはブランド力を傷つける恐れがあるという理由であまり値引きをしないメーカーもあります。

 

ただ、全く値引きが効かないわけではありません。

 

新車を安く購入できる時期などは国産車と同様で、3月の決算期は値引きのチャンスです。

 

特に在庫が残っている場合などは、大きめの値引きを引き出せる場合があるようです。

 

下取り額には注意!

 

国産車の場合と同様、ある程度の値引き額を提示してくる代わりに、下取り額を安くしてくるケースは多いです。

 

自分の車の価値が分かっていないと、下取り額が高いのか安いのかが分からず、営業マンのいい値で下取りしてしまうことになりかねません。

 

輸入車の購入の際も、ディーラーへ行く前にインターネットの中古車一括査定をし、自分の車の価値を知っておきましょう。

 

やはりおすすめは「かんたん車査定ガイド」です。

 

最大10社から同時に査定を受けれるだけでなく、自分の車の概算価格を算出してくれるのがとても良いところです。

 

 

 

↓ ↓ 「かんたん車査定ガイド」の一括査定は以下より ↓ ↓

 

 

*一括査定は無料です。

 

 

 

ディーラーの下取り額が、買取店の査定額よりも大幅に安かった場合、買取店に売ってしまうのも手です。

 

ディーラーの営業マンには、下取り無しでの見積を出してもらい、そこから値引き交渉をしていきます。

 

ただ、国産車のディーラーでやるような露骨な値引き交渉は嫌われるので、輸入車の場合はほどほどにするのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!