個人売買は細心の注意を!

中古車の個人売買での注意点!

中古車の個人売買での注意点!

中古車は本来、中古車販売店から購入しますが、最近はインターネットの普及とともに個人売買が活発になっています。

 

個人売買専用の掲示板やネットオークションなどを通して、知らない人どうしでも個人売買が手軽にできるようになってきています。

 

しかし中古車の個人売買は、間にしっかりした業者が入っていない分、トラブルが多発しているのが現状です。

 

一度ドラブルが発生すると、個人どうしではなかなか解決にいたらず、話が平行線のまま泥沼化してしまうこともあります。

 

個人売買を検討している方は、後々トラブルが発生しないよう、細心の注意を払って取引をする必要があるのです。

 

 

 

個人売買でのよくあるトラブル!

 

車両の引渡しに関するトラブル!

 

まず個人売買の場合、車両引渡しのタイミングを決めなければいけません。

 

入金確認後に引き渡すのか、入金前に引き渡すのかを話し合いで決めます。どちらにせよ、必ず引渡し完了、入金確認等の書類を作成しなければいけません。口約束での引渡しはトラブルの元です。

 

また、本人以外には絶対に車両、またはお金を渡してはいけません。

 

後々になって、「まだ受け取っていない・・」などといってきて弁済を要求する詐欺行為もあります。

 

本人の都合がつかないので代理人を向かわせる、などといってきても断りましょう。

 

分割払いの要求も引き受けてはいけません。一括で支払えない相手と取引するのはやめましょう。

 

 

売買後の欠陥、故障に関するトラブル!

 

トラブルの中で一番多いのがこれです。

 

無事売買完了後、突然車が故障して高額な修理代がかかることになった時、いったいどちらが責任を取らなければいけないのかが分からず、話が平行線となってしまうケースはよくあります。

 

中古車販売店から車を購入した場合、保証期間などが設けられているためトラブルは少ないのですが、個人売買では保証機関はありません。

 

契約前に、このようなトラブルを想定して、故障した際の責任の所在を明確にしておく必要があります。

 

また、事故歴の隠蔽など、売買契約後に重大な欠陥があることが分かったというケースもあります。

 

欠陥を隠していた場合は売主が責任を持つなどの書面も必要になってきます。

 

その他、細かな傷やへこみなどでもトラブルは多いです。

 

やはり売買契約前に、お互いの立会の元、隅々まで車をチェックし、お互いがしっかり納得した上で売買をしなければいけません。

 

もちろんその際も必要書類をしっかりと作成しましょう。

 

 

名義変更のトラブル!

 

個人売買の場合、名義変更手続きでもトラブルが起きる可能性があります。

 

名義変更手続きは通常、売り手が必要書類に必要事項を記入し、買い手がその書類を持って名義変更をするのが一般的です。

 

売り手は、印鑑証明書、譲渡証明証、委任状、車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証明書、自動車リサイクル券、買い手の必要書類は、印鑑証明書、車庫証明、申請書、手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、実印などの重要書類を用意します。

 

買い手が名義変更をする場合、買い手は売り手側の重要書類を扱わなければいけません。

 

また売り手側としても、買い手が名義変更後に音信不通になってしまうといったトラブルもあります。

 

名義変更前に買い手が一部料金を支払うなどの対策を書面でしておくのが良いでしょう。

 

名義変更のトラブルを避けたい場合は、街の行政書士に頼むのが一番確実です。多少お金がかかりますが、名義変更のトラブルを回避することができます。

 

 

インターネットで中古車を探すなら・・・

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!