中古車のチェックポイントはここ!

中古車の状態はここをチェック!

中古車の状態はここをチェック!

中古車の購入は店選びがとても大切ですが、やはり車そのもののチェックも欠かせません。

 

中古車はそれまでのメンテナンスの有無、乗り方などによって、同じ走行距離だとしても状態に大きな違いがあります。

 

特に、電装品関係、エンジンルームのチェックは重点的にしたほうが良いでしょう。

 

最低限以下のポイントをチェックした後、試乗を行いましょう。

 

欲しい中古車が遠方にある場合、実際に見てチェックすることができません。この場合、購入した後に思ってもいなかった不具合が発覚したなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。遠方にある場合でも一度は現地に見に行って状態のチェック、試乗をすることをおすすめします。どうしても行けない場所の場合、ある程度のリスクを覚悟して購入する必要があります。

 

 

電装品関係のチェックポイント!

 

ウィンカー、ハザード

 

まずはウィンカーとハザードのチェックです。実際にウィンカーとハザードをつけてみます。

 

ウィンカーを付けた際はハンドルを回してみて、ハンドルを戻した時にウィンカーが切れるかも確認しましょう。

 

 

ワイパー

 

ワイパーを動かしてみます。

 

ワイパーのゴムがボロボロになっていた場合、もちろん交換が必要なのですが、ここではワイパー自身を動かしているモーターに不具合がないかをチェックします。

 

モーターから異音がしないか、しっかりワイパーが動いているのかを確認しましょう。

 

 

電動ミラー

 

電動ミラーの動作を確認します。

 

ミラーをたたんたり前後に動かしたりしてみましょう。

 

 

パワーウィンドウ&ドアロック

 

運転席右手の操作スイッチで、各ウィンドウとドアロックの動作を確認します。その後、各ドアからウィンドウとドアロックの動作を確認します。

 

動かないスイッチや、動きが遅いスイッチなどがないか確認しましょう。

 

 

エアコン

 

中古車では要チェックポイントです。

 

エンジンをかけて最低温度に設定し、風量を最大にしましょう。

 

しっかりと冷たい冷風がでるか、冷風が出始めるタイミングは適切かをチェックします。

 

中古車を購入後にエアコンが壊れていて、高額の修理代が必要になるというケースは結構あるので必ず確認しましょう。

 

 

カーナビ、オーディオ

 

カーナビやオーディオが正常に動作するかを確認します。

 

カーナビを一通り操作してみて正常に動作するかを確認しましょう。

 

オーディオも、CDなどを実際に入れてみると良いでしょう。

 

 

 

エンジンルームのチェックポイント!

 

バッテリー

 

まずはバッテリーのチェックです。

 

製造年月日を確認し、4〜5年以上前のものの場合、販売店に計測をお願いしましょう。

 

また、バッテリー端子の腐食などがないかをチェックしましょう。

 

 

エンジンオイル

 

オイルレベルゲージを引き抜くことでオイルの量やオイルの汚れをチェックできます。

 

ただ、オイルの汚れなどを見るのはそれなりに経験がないとできないかもしれません。

 

あまり車に詳しくない方は販売店の方と一緒に見ると良いでしょう。

 

またオイルフィラーキャップをあけ、周りに古いオイルが固着していないかを確認しましょう。

 

 

オイル漏れ、にじみ

 

ボンネットの中でエンジンや配管の繋ぎ目などからオイルが漏れていたりにじんでいたりしないかを確認しましょう。

 

 

インターネットで中古車を探すなら・・・

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!