中古車のメリット、デメリットは!

中古車購入のメリット、デメリットは!

中古車購入のメリット、デメリットは!

車の購入する場合、「新車」と「中古車」の2通りがあります。(厳密には新古車と呼ばれるものもある)

 

新車は、ディーラーに車を注文して新たに工場で作ってもらうもの。そして中古車は、一度誰かが乗ったものを店頭から選んで購入するものです。

 

中古車の定義は「過去に一人以上が所有した車」で、誰かが乗っていた車なんて乗りたくない!と思う方も多いかもしれません。

 

しかし中古車にもメリットは多く、ここ数年で中古車市場は大きく回復しています。

 

ここでは、新車と比較した際の中古車のメリット、デメリットをそれぞれ解説します。

 

 

 

中古車のメリット!

 

値段が安い

 

中古車の最大のメリットは値段の安さでしょう。

 

年式や走行距離にもよりますが、同車種ならば新車に比べて確実に安く買うことができます。

 

かなり高いグレードの車に乗りたいが予算が限られているという方や、あまり車には興味がなく、とにかく安く車が欲しいという方などにはおすすめです。

 

新車では手が届かないような高級車が手頃な価格で売られていたりすることもあります。

 

 

納車待ちがなくすぐに手に入る

 

新車を購入する場合、基本的には受注生産となりますので、ディーラーと契約してから初めて生産が開始されます。

 

よって人気車種の場合、数ヶ月〜半年待ちなんてこともざらにあります。

 

しかし、中古車は今現在どこかにある車を販売しますので、長期間の納車待ちをする必要がありません。

 

契約後、名義変更などの手続きが完了次第納車となります。

 

ただし遠方にある場合、車を輸送するのに時間がかかってしまう場合があります。

 

 

すでに生産中止となった車などが買える!

 

これは一部の人にとってはメリットなのですが、すでに生産中止となった希少車や、モデルチェンジ前の車が手に入るのが中古車市場です。

 

ただし、出物の数が極端に少ないような車種だと逆にプレミア価格が付いたりする場合がありますので注意が必要です。

 

特にマニアが好むような希少な車などはびっくりするほどの高値がついたりします。

 

 

新車に比べて事故へのプレッシャーがない!

 

意外と大きいメリットが、仮にぶつけてしまっても精神的なダメージが新車に比べて少ないということです。

 

新車を納車されてから浅い日数でぶつけてしまった時などは、想像以上に精神的ダメージを負います。

 

特に免許を取得して初めての車の場合、中古車から入っていくのが一般的といえるでしょう。

 

 

 

中古車のデメリット!

 

当たり外れがあり、すぐに故障するなどのリスクがある

 

最近の車は性能も良く、そう簡単には壊れませんが、それでも中古車には当たり外れはあります。

 

新車なら買ってすぐにトラブルが発生することは希ですが、中古車の場合、買ってすぐにエンジントラブルに見舞われたなどといったこともあります。

 

買ってすぐに多くの不具合などが発生すると、修理代がかさみ、結局新車を買ったほうが良かったなんてことにもなりかねません。

 

 

本当に希望する車に出会えないことも多い!

 

中古車は新車のようにオーダーメイドではなく、すでにあるものから選んで購入するので、適正な予算内で自分の好みのグレード、色、年式、走行距離の車が見つからないかもしれません。

 

グレード、年式、走行距離は満足だが、色が違ったなど、一部妥協が必要になることが多いです。

 

中古車の購入は自分の中で重要度を決め、優先順位が低いものは多少妥協するといったこともひつようかもしれません。

 

 

はじめの車検までの期間が短い!

 

新車を購入すると、はじめの車検までは3年間ありますが、中古車の場合、最長でも2年、短い場合数ヵ月後にいきなり車検なんてこともあります。

 

車検が近いうちに控えている場合、その車検料も予算に入れておくひ必要がありそうです。

 

 

インターネットで中古車を探すなら・・・

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!