どの時期に査定をしてもらうのがいい?

高額査定が出やすい時期とは!

高額査定が出やすい時期とは!

車を売る時の査定額は時期によっても若干異なります。

 

まず中古車の需要が最も多い時期は2〜3月、次いで9月です。

 

業者はこの時期には多くの車を仕入れておきたいので、これらの1ヶ月前の1月、8月あたりが業者が最も車を欲しい時期になります。

 

これらの時期はほかの時期に比べて査定額が高くなる傾向はあります。特に人気の車種は、ある程度査定額を甘くしてでも確保したいという思いが中古車買取、販売店にはあるので、査定額が多少なりとも高くなりやすいのです。

 

逆に査定額が安くなりやすい時期は4月、12月などです。

 

4月は3月の繁忙期が終わり、売れ残った車が余っている時期です。車種にもよりますが、人気のない車種で在庫が残ってしまっているものは高い査定が出づらいでしょう。

 

また12月は、次の月から年式が1年古くなってしまうこと、資金確保のためにいやいやながら車を手放す法人が増え、在庫が増えることなどで査定額が抑えられがちです。

 

特殊な車は需要がある時期が変わってくる場合があります。例えば、オープンカーは夏に一番需要があるので、春頃に売ると良いとされています。また、4WDの車は冬に一番需要がありますので、10〜11月に売ると良いとされています。

 

モデルチェンジ前は売り時!

 

車は同じ車種でも、定期的にマイナーチェンジやフルモデルチェンジが行われます。

 

マイナーチェンジやフルモデルチェンジが行われた後は、みんながモデルチェンジ後の車を欲しがるため、モデルチェンジ前の車の需要は激減し、中古車価格、買取価格ともに下がってしまいます。。

 

マイナーチェンジやフルモデルチェンジが行われるタイミングを完全に把握することは難しいですが、モデルチェンジ前に売る方が高く売れることは覚えておきましょう。

 

 

車を売るベストタイミングは!

 

車を売るベストタイミングは正に「売りたいと思ったとき」でしょう。

 

確かに車を売る時期によって若干の査定額の違いがありますが、わざわざ何ヶ月も待つほどの差ではありません。

 

高く売れそうな時期を待つためだけに、次の車への乗り換えを待ったり、無駄に自動車税を払ったりするのは本末転倒です。

 

車の査定額を決める大きな要因として、車種、年式、グレード、走行距離、状態などがありますが、時期というのはこれらに比べると重要度は相当低いです。

 

また基本的に、車は時間が経てば経つほど価値が下がっていきます。

 

車を高く売るためだけに適切な時期を待つというメリットはあまりないでしょう。

 

新車が納車されるタイミングや、欲しい中古車を買ったタイミングで売ってしまうのがベストです。

 

 

おすすめの無料一括査定ランキング

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!