ガソリンの違いを理解しよう!

レギュラー、ハイオク、軽油の違いとは!

レギュラー、ハイオク、軽油の違いとは!

ガソリンスタンドへ給油に行くと、レギュラー、ハイオク、軽油の3種類があります。

 

この中でレギュラーを入れることを推奨している車がほとんどなので、なんとなくレギュラーを入れている人が多いかと思います。

 

ではこのレギュラー、ハイオク、軽油は何が違うのでしょうか。

 

 

ガソリンはレギュラーとハイオク

 

まず一般的にガソリンと呼ばれているものはレギュラー、そしてハイオクです。

 

レギュラーとハイオクの違いはオクタン価の違いです。

 

オクタン価とは簡単に言えばガソリンの純度のことで、オクタン価が高いほどエンジン内で着火しにくく、ノッキング(エンジンが振動すること)が起こりにくくなります。

 

オクタン価がある一定以上であるガソリンのことを、それぞれレギュラー、ハイオクと呼ぶのです。

 

レギュラー オクタン価89以上
ハイオク オクタン価96以上

 

 

軽油はディーゼル燃料!

 

軽油はガソリンではありません。もともとは同じ石油ですが、石油を蒸留して採取する際、ガソリンは30〜230℃で発生する蒸気を採取しますが、軽油は140〜380℃といった高い温度で発生する蒸気を採取して作られます。

 

軽油は主にディーゼルエンジン車の燃料として使われ、ガソリンでいうオクタン価の代わりにセタン価とよばれる純度があります。

 

 

 

レギュラーとハイオクを間違えるとどうなる!

 

まずレギュラー車にハイオクを入れても全く問題はありません。

 

むしろハイオクはレギュラーよりオクタン価が高いので、ノッキング(エンジンの振動)が抑えられます。また、レギュラー車にたまにハイオクを入れてやるとエンジン内が綺麗になります。

 

次にハイオク車にレギュラーを入れる場合ですが、こちらも走行には特に問題ありません。

 

ただハイオク車は高性能なエンジンを積んでいる場合が多く、ハイオクを入れることでそのパワーを引き出すことができます。レギュラーを入れると、加速や燃費が悪化する要因になりますので注意が必要です。

 

またハイオク車は、メーカーがハイオクを入れることを推奨していますので、レギュラーを入れて走行していてエンジントラブルががあった場合保証の対象外となる可能性があります。

 

 

 

ガソリンと軽油を間違えるとどうなる!

 

こちらはかなり危険です。絶対に間違えて入れないようにしましょう。

 

まずガソリン(レギュラー、ハイオク)車に軽油を入れた場合、エンジンはかかりますが、しばらく走行すると激しいノッキングが発生します。

 

最終的には、白煙や黒煙が上がってエンストを起こして停止してしまい、その後はエンジンがかからない状態になる可能性が高いです。

 

こうなるとエンジンの分解修理が必要となり、高額な修理代がかかる恐れがあります。

 

またディーゼル車にガソリンを入れた場合も、始めはエンジンはかかりますが、徐々に力がなくなり白煙が上がりだします。最終的にエンジンは停止し、燃料ポンプや噴射ノズルが破損するおそれがあります。

 

こちらも状況次第では高額な修理代がかかる恐れがあります。

 

特に軽自動車に軽油を入れてしまうパターンや、ディーゼル車にレギュラーを入れてしまうパターンは多いので、自分の車にはなにを入れるのが正しいのかをしっかり把握しておくことが重要です。

 

 

 

 

 

 

topへ 新車値引き交渉ガイド!|新車を安く購入する方法!